HOME > 書籍 > 新刊のご案内

 

 
line

季刊公的扶助研究 第251号

kotekifujo251.jpg  

 

【編集・発行】全国公的扶助研究会

 

定価:本体体741+税
体裁:B5判並製 48頁
発行:2018年10月
ISBN:9784894913646



新刊 

【巻頭言】生活保護業務は組織全体での「互助の精神」で! ●田園調布学園大学(元特別区福祉事務所長) 今井 伸

「ドラマ・ケンカツ」×「コウフケン」=全国セミナー東京大会への期待
                                  ●全国公的扶助研究会副会長(神戸市灘福祉事務所) 衛藤 晃

《特集》 健康で文化的な最低限度の生活を支えるケースワークとは
@生活保護と大学進学等を巡る諸課題と政策対応 ●名古屋市立大学 桜井啓太
A生活保護ケースワーカーの仕事に対するやりがいと業務への評価 ●新潟県立大学 小澤 薫
B生活保護ケースワーカー人権宣言と公的責任 ●花園大学 吉永 純
C健康で文化的な最低限度の生活を支えるケースワーク ●新潟市西福祉事務所 中村 健
D非正規社員、非正規公務員と今後の展望 ●横浜市中福祉保健センター 生活保護ソーシャルワーカー 神谷秀明

*今夏からクーラーなど冷房機器の購入・設置費用が支給できるようになりました* ●文責 編集委員会

・実践的なケース記録の書き方(衛藤考察) ●神戸市灘福祉事務所 衛藤 晃

ひといき 「この豪雪地帯で…」の示す意味 ●(園)

★教えて先輩!連載K★(依存症と向き合う生活保護ケースワーク) ●大阪市東淀川区役所 谷口伊三美
わたしの仕事   ●神戸市保健福祉局 人権推進課 水谷哲也

【生活保護判例・裁決紹介コーナー】
《母子世帯に子の父の出入りがあったという理由で保護廃止した原処分を違法であると認定し、母子世帯に対する慰謝料を認めた判決》
                                              ●花園大学 吉永 純
◆私の公的扶助ケースワーク論(その2) ●杉村 宏
◎活動紹介コーナー◎ 関西ケースワーカー勉強会 ●尼崎市南部保健福祉センター 河村 健

 
 

精神障害のある人と家族のための 生活・医療・福祉のすべてQ&A 第11版

qanda11.jpg  

 

伊藤千尋・杉本豊和・森谷康文 [編]

 

定価:本体2000円+税
体裁:B5判並製 280頁
発行:2018年9月
ISBN:9784894913615



新刊 ロングセラー

精神障害のある人と家族ための生活・医療・福祉制度のわかりやすい手引き書です。

読む人にわかりやすくをモットーに、障害年金、生活保護、障害者総合支援法をはじめ、住まいや就労、権利や地域生活、医療や公的機関の利用の仕方など、精神障害のある人が知っておきたいことを、Q&方式で解説しました。

2015年4月発行の第10版に次ぐ待望の最新版です。

 
 

ロゴスの建築家 清家清の「私の家」 〜そして家族愛

seike-kiyoshi.jpg  

 

松野 高久 [著]

 

定価:本体2800円+税
体裁:A5判並製、図版(写真)321点 320頁
発行:2018年8月
ISBN:9784894913547



新刊

本書は稀代の住宅作家として名を馳せた清家清についての評伝である。戦後の最小限住宅で注目された「私の家」を題材にして、建築に対する考え、信念、 そして家族愛にも触れながら建築家・清家清の人物像を詳述した新しい作家論として注目される一冊。
新たな作家論の方法を提示
この本で、清家清の原点はギリシャだったという結論を導いていることがおもしろい。このことを清家先生に確かめたいという思いに駆られる。一人の建築家、その小さな作品でこれだけ語ることができるのだという、研究者としての松野君の力に驚く。またそれだけの許容力を清家先生の小さな「私の家」はもっていたと思われる。本書はそういう意味で、新たな作家論の方法を提示しているようにも思える。(仙田満氏の「刊行によせて」より)
【主要目次】
刊行によせて(仙田満) はじめに─「家(いへ)」の原型への回帰
第T章 アカンサス・アーティチョーク・アイビー ─幾何学的理性」の退行─
第U章 アクロポリスの丘の夕日 ─パルテノン行─
第V章 清家清の建築思想の原点
第W章 「私の家」再考
第X章 機能主義の超克(T)─Other Direction─
第Y章 機能主義の超克(U)─ファンクション(機能)からパフォーマンス(性能)へ─
第Z章 エントロピーの増大 ―死―
〈講義用シート〉
結びにかえて─「永遠の瞬間」
おわりに─ロゴスの人・清家清
引用参考文献―著書・論文リスト

 
 

こころとシナプスが紡ぐ驚きの世界 〜あなたも覗いてみませんか

kokoroto-synapse.jpg  

 

ハリエット C ジョンソン [著] 小松 啓 [訳]

 

定価:本体1800円+税
体裁:A5判並製、348頁
発行:2018年7月
ISBN:9784894913608



新刊

本書は、社会福祉の実践領域で働くソーシャルワーカーが、その業務遂行上必要な脳神経科学や心理学の知識が十分でなく、利用者への援助や他職種との連携をとる際に困難を覚えることが多いという問題意識に基づき、社会福祉及び精神保健福祉領域で働くソーシャルワーカーが必要とする脳神経科学や心理学の知識をわかりやすく解き明かした書です。
【目 次】
パートT 21世紀におけるソーシャルワーク実践のための生物・心理・社会学的知識
パートU 神経科学の基礎:脳はどのように働くのか、そして薬物は脳にどのような影響を与えるのか
パートV 児童と成人の発達
パートW 主要な精神病疾患
パートX 薬物乱用と嗜癖
パートY 生活の質を高めるための多様なルート
訳者あとがき

 
 

「できる・わかる・みえる」子どもが変わる工作教育 〜教科書を活用して

dekiru-wakaru.jpg  

 

松本達郎 [著]

 

定価:本体1900円+税
体裁:A5判並製、208頁(カラー64頁)
発行:2018年7月
ISBN:9784894913585



新刊


【目 次】
第T部 子どもも教師も2倍楽しめる工作教材
3年生 3年生の教材について
 ビー玉コロコロ(コラム 子どもを見続け、教師であることを2倍楽しむ)
木の枝を使った うそ色えんぴつ/ゴムの力でトコトコ/かごを編む(このようなこともできます)/折り染めと和綴じ製本
4年生 4年生の教材について
 ビー玉迷路(コラム  両刃のこぎり)  宝物ばこを作る/草で紙をすく/飛び出すメッセージ
5年生 5年生の教材について
 額となべしき(パズルを作る)/パラパラアニメーションを作る
 身の周りの土から粘土を取り出し焼く(コラム ものを作ることで見えてくる世界) 6年生 6年生の教材について
1枚の板で作る/綿から糸を紡いで布を織る/その他の教材/吹上プロペラ/ふきごま/紙竹トンボ/操り人形/クラフトバンド人形/八面がえし/カタツムリ/円形木琴/ひねり竹トンボ/筆記用具皿/道具を対象にした授業を

第U部 工作教育の意義と展望
1章 教材を選定するにあたって考えたこと
 1. 製作物は、飾ってながめるものより、使えるもの  2. 材料は木を中心に(3〜6年)  3. 自然界にある資源の利用技術  4. 機構工作  5. 製本技術  6. 手工業の時代の生産技術
2章 授業で心掛けてきたこと
 1. 事前にサンプルをみせて、ふれさせておく  2. サンプルはシンプルに  3. セットを極力避ける  4. 材料は大地に近いところから入手する  5. 生活から入り生活に出る  6. 説明は、想像でき、聞いておく必要があると感じられるように  7. 後で説明  8. 図に描く  9. 2つ目からが自分のもの  10. 失敗は貴重な学びの場  11. 美的側面  12. 他との関連
3章 子どもをどのような存在とみるか
 1. 子どもは有能な学び手である  2. 未知の世界に触手を伸ばす子ども  3. 一人一人が問いを作る  4. 一人一人が知を構成している  5. 教える主体―学ぶ主体
4章 ものづくりの過程で何が起こっているのか
 1. クギ打ちの活動で考える  2. 内面の変化  3. 好循環をつくる
5章 みえるようになるということ
 1. みえるようになるの諸相  2. みえると感じるは機能システムとして一体
6章 工作活動で育つ力を「学力の構造」で考える
 1. 柴田義松氏の学力の基本構造  2. 学んだ力 <基礎的・基本的知識・技能>  3. 学ぶ力=学び方<問題解決の思考・判断力と技能>  4. 学ぼうとする力 <学ぶ意欲・関心・態度(やる気)>  5. 学力 の構造とふりかえり
7章 工作活動と人格形成
 1. 人格とはどのようなものか  2. 人格に関わって  3. 人格形成とみえるようになるということ
8章 工作教育の意義
 1. 豊かな子ども時代を  2. 学習の基礎をつくる  3. 「わかる」の3レベルと工作活動  4. 市民=主権者形成にとっての意義  5. 人間発達にとっての意義
9章 図画工作科は美術教育だけの教科ではない
 1. 図画工作科の歴史をたどる  2. 工作と技術分野のつながりの再確認  3. 図画工作科の独特の用語法  4. 教科書の工作の時間は「原則」より少ない  5. 教科書にみられる変化  6. 本項のまとめ
補章 ノルウェーで、ナイフにこだわって、みて、考えたこと
 1. ナイフにこだわるようになったきっかけ   (コラム サボタージュの道)(コラム ノルウエーの手工科)  2. なぜ、ナイフ作り?  3. 出会った子どもたちの活躍ぶりから考える  4. ナイフとは、手でものをつくるくらしがあること(コラム ナイフの使い方)

 
 

DV被害の回復にむけて 〜精神科医からのメッセージ〜

dvhigaino-kaifuku.jpg  

 

野末浩之 [著]

 

定価:本体750円+税
体裁:A5判並製、ブックレット、64頁
発行:2018年5月
ISBN:9784894913561



新刊

精神科医である筆者は、女性保護施設の嘱託医でもあり、被害女性の相談やカウンセリングをおこなっています。
本書は、筆者がその経験をもとに、DV被害の回復にむけて被害に遭われた方と相談員の方のために書いたブックレットです。
ぜひ多くの方に読んでいただき、少しでもDV被害者の回復に役立つことを願っています。


【主要目次】
はじめに
第T章 DVとは? 〜それ、全部DVです!〜
第U章 DV加害者の特徴
第V章 DV被害者の特徴
第W章 DV被害者のための「心理教育」
第X章 回復への道
DV相談ナビ
あとがき

 
 

「空間」を「場所」に変えるまち育て 〜まちの創造的編集とは

(住総研住まい読本シリーズ)
kuukanwo-bashoni.jpg  

 

北原 啓司 [著]

 

定価:本体1,800円+税
体裁:A5判並製、口絵カラー、168頁
発行:2018年4月
ISBN:9784894913530


正誤表

 


新刊

都市計画や住宅政策の専門家である著者が学生や地域住民とともに取り組んできた「まち育て」の実践を通して何が大切なのかを探る。まちを大きくすることを目標としてきた価値観から、今やつくったものをどのように上手に使い、しかも育て続けていけるかという価値観にシフトする。本書は一度形づくられた都市を、改めて「編集」していくことの重要性を説いている。           【第5回住総研 清水康雄賞受賞】


【主要目次】
口  絵
はじめに
第T章 まちづくり(成長社会)からまち育て(成熟社会)へ
第U章 まちを「つくる」人と「たべる」人
第V章 「まち育て」に必要な発見的な学び<まち学習>
第W章 「私」からほとばしる「まち育て」の目線
第X章 「場所」にこだわる「まち育て」
第Y章 「空間」を「場所」に変えるまち育て <黒石市の実践から>
第Z章 コンパクトシティこそが、 「まち育て」の目標
おわりに
註記・関連文献・参考文献

 
 

子どもの放課後と居場所づくり -自治体の施策から見えてくるもの

kodomono-hokago.jpg  

 

宮地 由紀子 [著]

 

定価:本体600円+税
体裁:A5判並製、ブックレット、64頁
発行:2018年1月
ISBN:978-489491-349-3



新刊

子どもの居場所について、もう少しゆったりとした豊かで楽しい放課後の時間を過ごすことができないだろうか。子ども(児童)の権利条約における余暇や遊び、文化的芸術的な機会を放課後の時間に創り出せないだろうかと考えている。子どもたちにとっては教育や福祉サービス事業の利用者と呼ばれることのない、学校でも家庭でもない第三の居場所である。それが、障がいのある子どもや不登校など立ち止まることを受け入れることのできる地域の包容力のある「居場所」づくりへと繋がっていくのだと思える。自分と異なる考え方や価値観、障がいの有無、性別、国籍などを越えて地域の一員であることが実感できる、いわばノーマライゼーションやソーシャルインクルージョン(社会的包摂)を実感できる居場所である。(「はじめに」より)


【主要目次】
まえがき
T.はじめに
U.居場所とは
V.子どもの放課後の意味
W.放課後の居場所施策の現状  
X.子どもの権利と居場所
Y.自治体政策としての居場所
Z.おわりに―課題と今後の展望
【注・参考文献】
【資 料】

 
 

PHNブックレット19  生命(いのち)と生活(くらし)の統計

imgPHN19.jpg  

 

藤岡光夫・吉峯悦子・瀧口京子 [編著]

 

定価:本体1,500+税
体裁:A5版・並製、152頁
発売:2018年1月
ISBN:9784894913516



新刊 PHN

第1章 はじめに (藤岡光夫)
第2章 公平な健康実現を目指す保健活動と調査研究の課題  (藤岡光夫)
第3章 生命と生活に関する公的統計  (藤岡光夫)
第4章 事例研究と統計研究  (藤岡光夫)
第5章 保健活動における実践例  (吉峯悦子・瀧口京子・田中美穂・加藤節子・阿部恵美子)
第6章 あとがき

 
 

水辺のまち 江東を旅する

mizubenomachi-koto.jpg  

 

松川 淳子 [著]

 

定価:本体1,600円+税
体裁:A5判並製、フルカラー、192頁
発売:2017年10月
ISBN:978-4-89491-346-2



新刊

まちや地域、暮らしの場に向けられる松川さんの眼差しはどこまでも優しい。東京の西側で育ったご本人にとって、歴史と文化の厚みのある、都市性にとんだ江東の地は、憧れの対象であり、そこにリスペクトの姿勢が常にある。それだけに、大規模開発が続くこの地で、その江東らしさ、文化的アイデンティティが失われないようにするには、どうしたらいいのか。建築家、都市づくりの専門家としての思いも綴られる。「あこがれのコミュニティ」について、江東が培った豊かな経験から学ぶ、考えるというのが本書の基本テーマになっている。(陣内秀信「刊行によせて」より)

【主要目次】
刊行によせて(陣内秀信)
まえがき
第1章 江東の時間と空間
まちに住む/水辺のまち/まちはこんなに面白い/まちへのまなざし/緑のパワー
コミュニティをめぐって
第2章 まちの歳月
新しい暮らしを支える/チャレンジするアート/まちを引き継ぐ/変わるまち、変わらないまち
第3章 内海さんの江東
写真は語る
第4章 座談会 江東のまちを愛して
行政からみた江東の魅力
あとがき

 
 

【増補改訂第2版】新人ケースワーカーになったあなたへ&「生活保護手帳」活用術

(公扶研ブックレットNo.1)

kofuken-booklet01.jpg  

 

池谷秀登・森 宣秋 [著]

全国公的扶助研究会 企画・編集

 

定価 : 本体800円+税

体裁 : B5判・並製、60頁

発売 : 2017年10月

ISBN : 9784894913448



公扶研ブックレット 公扶研ブックレットの第1弾。

目からウロコの生活保護ケースワーク実践の手引書が、全国公的扶助研究会からブックレットとして発刊されて6年が経ちました。
大好評により増刷、新たに加筆修正をおこない増補改訂版となってからも注文が相次ぎ、この間の修正等をさらに加えて増補改訂第2版として生まれ変わりました。多くのケースワーカーの方たちに必携のブックレットです!!

 
 

ゼロ・エネルギーハウス -新しい環境住宅のデザイン

ゼロ・エネルギーハウス
 

早稲田大学理工研叢書 シリーズNo.27
田辺新一、長澤夏子、高口洋人、小林恵吾、中川 純 [著]

 

定価:本体1,800円+税
体裁:A5判並製、170頁
発行:2017年9月
ISBN:978-4-89491-337-0

 

萌文社直送 click


新刊

エネルギーをテーマとした住宅建築コンテストで
ワセダライブハウスが最優秀賞を受賞!!


この本は、早稲田大学が提案したゼロ・エネルギーハウス(ZEH)の奮闘記録です。
2014年1月にお台場ビッグサイト駐車場に建設された「Nobi-Nobi HOUSE」、2015年10月に横浜みなとみらいに建設された「ワセダライブハウス」、ふだん研究で行っていることを実際の形にすることが、いかに大変であるか
……本書はその過程やその後に考えたことを単行本にまとめたものです。(「はじめに」より)

【主要目次】
第1章 ゼロ・エネルギーな未来のくらし

@エネルギーと社会 A海外のゼロ・エネルギー住宅 B快適性と健康性 CZEHへのロードマップ D環境設計の競技:ソーラー・デカスロン
第2章 Nobi-Nobi HOUSE
@いい日を長く A設計コンセプト:重ね着する住まい BZEH設計フロー C設備技術・素材とZEHのデザイン
DZEHの暮らしかた EICTを利用したスマートなZEHでの暮らし方
第3章 移築後の季節ごとのエネルギー・環境実測
@ZEHに住めば0になる…わけではない Aエネルギーと快適性で競う! Bエネマネ競技 ─冬の陣─実況中継
C移築と4季節の計測結果 DZEHの推計 EZEH住みこなしの提案
第4章 ワセダライブハウス
@エネマネハウス:2回目の挑戦 A住まいを愉しむ Bワセダライブハウス Cパッシブデザイン Dアクティブデザイン
Eしつらえ FZEH判定 G実測によるエネルギー消費の確認
第5章 ワセダライブハウスの発展
@ワセダライブハウスの展開 Aワセダライブハウス実用化へ向けて B快適なZEHとZEB C今後の可能性
第6章 エネマネハウス競技の失敗と成功
@エネマネハウス2014 Aエネマネハウス2015 Bエネマネハウス2017ニュース

 
 

マカオの空間遺産 -観光都市の形成と居住環境

マカオの空間遺産
 

是永 美樹 [著]


定価:本体2,300円+税
体裁:A5判並製、口絵カラー、304頁
発売:2017年9月
ISBN:978-4-89491-343-1

 

 

萌文社直送 click


新刊

過密都市マカオについて、古地図を読み解きながら、現代の都市空間に継承された痕跡がどのように活用されているのかを紹介。
カジノだけでないマカオの都市に埋め込まれた街の面白さは、現地の見聞記などを各章の随所に添えることでいっそう味わい深く、
学術研究の図書には得がたい好著である。またこれからの観光都市のあり方についても提示している。

【目次】
 口絵 
序章 マカオの歴史概略と都市空間の拡大過程    
 1 高密観光都市[ マカオ] とはどんな都市か  2 マカオの歴史概略  3 マカオ半島の都市空間の拡大過程
  COLUMN アズレージョの道路標識  

1章 ポルトガル人が野望を託した「丘陵地」   
 1 17 世紀のマカオを描いた3 枚の地図  2 防御システムの成立と建築的遺構として活用されている要塞
 3 都市形成の基盤としての丘陵地
  COLUMN ポルトガルのポサーダについて

2章 クリスチャンシティの形成とその文化的役割
 1 クリスチャンシティを示す2枚の地図  2 クリスチャンシティの特徴  3 聖パウロ学院に関する建築的考察と文化的考察
 COLUMN 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

3章 歴史的な空間遺構としてのオープンスペース
 1 「PLAN DE LA VILLE DE MACAO」と「Planta Topographia da Cidade de Macao」  2 クリスチャンシティの街路網の成熟
 3 「Largo/ 前地」の空間的特徴とオープンスペースとしての意義  4 クリスチャンシティの街路網の再生
 5 オープンスペースを彩るコブルストーン  6 市壁のなかの「チャイニーズタウン」の発展
  COLUMN アズレージョについて /
  COLUMN マカオの食

4章 クリスチャンシティに継承された歴史的建造物と路地の日常
 1 「PLANTA DA PENINSULA DE MACAU」  2 市壁崩壊後の市街地拡大  3 歴史的建造物の保存政策 
 4 市民生活を支える歴史的建造物の活用  5 内港の整備  6 路地の空間的な特徴と日常の風景
 7 内港のにぎわい空間の再生  8 環境整備としての緑化政策
  COLUMN 盧家大家
  COLUMN 鄭家大家

章 近代化を迎えたマカオの都市構成の変化
 1 「PLANTA da PENINSULA MACAU」と「PLANTA da CIDADE DE MACAU」
 2 半島北部の市街地拡大−近代的な都市計画の登場  3 市街地拡大の痕跡をたどるバスルート
 4 ラザロ地区の開発  5 塔石地区の文化ゾーン形成
  COLUMN 朝の公園
  COLUMN マカオを描いた画家ジョージ・チネリー 

6章 沿岸部での大規模開発と新馬路
 1 「Planta Geral da Cidade e Novo Porto de Macau」   2 新馬路の建設によるクリスチャンシティの分断断
 3 新市街の近代化
  COLUMN タイパ島
   COLUMN タイパ島の建築遺産産産
  COLUMN コロアン島

7章 観光都市へのあゆみ  
 1 新しい市街地への市民生活の拡大   2 「カジノ都市」へのはじまり  3 カジノ産業の発展と新たな埋立地への進出
  4 中国へ返還後のマカオ人の野望の地へ   5 統合型リゾート観光地への生まれ変わりを目指すマカオの野望
 6 埋立地を舞台にした国際的なイベント
   COLUMN マカオの街並み「第二次的輪郭線」をつくる「ケージ」

終章 マカオの都市空間に継承された重層的な空間遺産と再生戦略
 1 都市形成から読み解くマカオの街路と街区の特徴  2 市街地拡大とオープンスペース、公園の補完的関係
  3 都市空間の拡大と都市構成の特徴   4 居住環境向上のための歩行者空間の整備−歴史的空間遺構の復活−
   COLUMN  街中トレーニングジム
  5 横断的にみたオープンスペースの関係性  6 重層的な空間遺産を継承する高密な観光都市マカオの居住環境
参考資料  あとがき

 
 

すべての子どもに遊びを —ユニバーサルデザインによる公園の遊び場づくりガイド

すべての子どもに遊びを
 

みーんなの公園プロジェクト [編]
柳田宏治・林 卓志・矢藤洋子 [著]

 

定価:本体2,500円+税
体裁:B5判・並製フルカラー、128頁
発売:2017年9月
ISBN:978-4-89491-335-6

 

萌文社直送 click


新刊

子どもたちにとって公園が遊び場だとしてもすべての子ともが対象とは言い難い。障がいのある子どもが自由に遊べるような公園は少ないのが現状である。今、求められているユニバーサルデザインの遊び場は、障害の有無を問わずあらゆる子どもが自らの力を生き生きと発揮して共に遊び学べる場所である。そして本書は親を含む地域のさまざまな大人たちが子どもの成長を見守り支え合えるような場所、そんな公園づくりを通して、すべての人が参加するインクルーシブな社会づくりの重要性を説いている。

推薦します
ユニバーサルデザインは障害の有無などを問わない、あらゆる人々、あらゆる子どもたちのためのデザインです。すべての公園が本書によってユニバーサルデザイン空間として実現されることを期待します。(仙田満:公益社団法人こども環境学会代表理事)
歩けなくてもてっぺんに行けるよ。聞こえなくても冒険ができるよ。見えなくても一緒に遊べるよ。I'm possible. この本を開くと、世界中で行われているさまざまな取り組みを知ることができる。(川内美彦:東洋大学教授・アクセスコンサルタント)

【目次】
発刊によせて
ガイド作成の背景/このガイドについて
1. 基本的な考え方/Concept
遊びの重要性/障害のある子どもと遊び/公園とユ ニバーサルデザイン/ユニバーサルデザインの遊び 場と5原則/〈視点1〉子どもの「遊び」と多様な人が支 え合う地域社会/〈視点2〉障害者政策の観点でみる ユニバーサルデザインの公園づくり

2. 遊び場の計画と運営/Planning and Management
敷地の選定/さまざまな住民の参加/利用の促進と スパイラルアップ/公園調査トピックス

3. 遊びのデザイン/Play Design
遊び場の概要/ブランコ/振れ動く遊具/回る遊具 /バランス遊具/滑り台/登り遊具/複合遊具/砂 遊び/水遊び/もっと自然遊び!/もっと粗大運動を 伴う遊び!/もっと微細運動を伴う遊び!/もっと感覚 的遊び!/もっと社会的遊び!/公園調査トピックス

4. 場のデザイン/Site Design
公園へのアクセスと安全/出入り口/外周の囲い/ 園路/地面/ベンチ・座る場所/水飲み場・手洗い場 /トイレ/公園調査トピックス
資 料/References

 
 

身の回りのものでつくるおもちゃとお話

身の回りのものでつくるおもちゃとお話
 

インド国立デザイン研究所/タラ出版社 [企画]
スダルシャン・カンナ、ギタ・ウオルフ、アヌンシュカ・ラヴィシャンカール [著]
IPAなごやグループ(代表・奥田陸子) [訳]

 

定価:本体1,600円+税
体裁:A4変型判・リング綴、143頁
発売:2017年9月(倉出し、在庫僅少
ISBN:978-4-89491-342-4

 

萌文社直送 click


新刊

魅力的なインド各地の手づくりおもちゃ
この本(「おもちゃとお話」は、身の回りにある何でもないものを使って、とても面白いおもちゃができることを教えてくれます。この本で紹介されているものは、インド各地で昔から子どもたちが作って遊んできたおもちゃです。対象年齢は8歳から16歳ぐらい、そして大人向けです。作り方は簡単ですが、なぜ動くのか、こんなおもちゃを作る意味があるのか、といったことも触れています。ワークショップに最適。

【目次】
音も出すおもちゃ
 ・ブンブン…ブンブン/もっとブンブン/音の周波数、民俗おもちゃ作りが減った
 ・ピーピー…音の効果/膜の振動/子どもが教えてくれた25の発見
 ・チクチク…リズムバンド/葉っぱが動く仕組み/寿命が短いおもちゃ
 ・ガーガードラム…フランスとの関係/音の伝導と増幅/おもちゃになったものたち
 ・ホーホー笛…気分屋のおもちゃ?/リードの振動/おもちゃをつくることができた“もの”との関係
 ・ブーン…コーアン(禅問答)/空気流で起こるはためき/新年のプレゼント
 ・テケテケ…ペンギンゲーム/機械的エネルギーから音への変換/ほんとうの相互作用とは
踊るおもちゃ
 ・ブレーク・ダンサー…のどがかわいたで賞/重力の中心/素材の違い
 ・ブルブル虫…ブルブルサル/摩擦と弾力性/遊びと学び
 ・ツイスト…悲しいピエロ/遠心力/まったく退屈するということは
 ・ぴょんこ…カエルのレース/蓄えられたエネルギーの運動エネルギーへの変換/現代における伝統
 ・ロックンロール…フクロウのむすこ?/安定した位置/おもちゃの機能の不思議
仕掛けおもちゃ
 ・びっくりパッチン…いたずら/運動エネルギーが音に変わる/いたずらをすることは
 ・フラワー・パワー…マジック・ショウ/両開きのちょうつがい/マジック
 ・ホップ・アップ…明日あると思うな今日のかみの毛/祈ることと開くこと/想像と模倣
風で動くおもちゃ
 ・さかさヘリコプター…びっくりしたこと/回る力 垂直軸/物理学、生物学、工学……おもちゃとは何だろう?
 ・パタパタ…ブタくんとカブトムシさんのレース/ベルヌーイの定理/遊びの価値
 ・くるくるフィッシュ…びりが一番/回転軸と水平軸/伝統的な遊び
 ・ナフ…ナファソン(ナフマラソン)/気流による回転/男の子のおもちゃ、女の子のおもちゃ
技(わざ)のいるおもちゃ
 ・ブーブーハーハー…だれがいちばんのブーブー上手かな/空気の圧力とスムーズな空気流/ルールは変わる
 ・ペンサイクル…いろいろな「ペンサイクル」ゲーム/遠心力と求心力/
決まった形がないおもちゃ
 ・指ゴマ…ぐるぐるぐるぐる/エネルギーに保存/遊びとは何だろう?
 ・ヤンキー…なくなった中身の不思議./回転の勢い/伝統遊びを記録にとどめる
 ・のぼるぞジープ…ケーブルカーレース/摩擦/ゲームをする
 ・紙筒ロケット…楽しみ方とゲーム/エネルギーの転換/暴力おもちゃ