HOME > 書籍 > 新刊のご案内

 

 
line
 

バック・トゥ・ベーシックス  ビギナーズ・ミーティング

img96.jpg  

 ワリー・P [著]、ジャパンマック[訳]

 

定価 : 本体1,500円+税

体裁 :B5判・並製、260頁

発売 : 2016年9月

ISBN : 9784894913196

 

posted with ヨメレバ

萌文社直送 click


新刊

 本書は、1940年代から50年代にかけて、アルコホリズム(アルコール依存症)から50〜75%の回復率を達成していた本来のAAビギナーズ・ミーティングについて、順を追って詳しく説明している。

キーワードは、「12のステップを、1時間のセッション4回で」

 

1990年代までに、ビギナーズ・ミーティングはAAの歴史の中でほぼ忘れ去られた存在になっていた。ワリー・Pは2年間の調査を行い、さらに2年間、1946年にAAで行われていたフォーマットに従ってビギナーズ・ミーティングのリーダーを務めた。彼はその経験をもとに、1997年8月、『バック・トゥ・ベーシックス AAビギナーズ・ミーティング』を出版した。本書に対する反応は、途方もないほど肯定的だった。回復のコミュニティの中で、ビギナーズ・ミーティングやグループが何千と始まっていった。何十万人もの人たちが、このシンプルで分かりやすい「行動のプログラム」を使って12ステップに取り組み、さらにこの12ステップを通じて他の人のスポンサーを務めた。

 

本書をから、AAの初期メンバーたちが「ビッグブック」を使ってニューカマー(新しい人)を導くために使っていた方法を学ぶことができる。これは時間をかけて有効性が証明されたやり方だ。あなたもこの1時間のセッション4回で12ステップに取り組めば、その直後の結果として人生を変えるスピリチュアル(霊的)な目覚めを経験し、シンプルな回復のプロセスについて深い洞察を得ることができるだろう。

 
 

千葉県社会保健婦養成所  — 一期生の日記と戦前の保健婦活動

img_chiba.jpg  

 弓削田友子 [著]、保健婦資料館[編]

 

定価 : 本体2,500円+税

体裁 :B5判・並製、184頁

発売 : 2016年5月

ISBN : 9784894913134

 

萌文社直送 click


新刊

著者の弓削田友子氏は、情熱をもって収集した卒業生の生活と活動の保健婦日誌や、県の記録、 新聞記事、写真等の大量の資料に解説を加え、今回1冊の本としてまとめた。千葉県社会保健婦養成所の1期生で、卒後阿蘇村(現・八千代市)の保健婦・養護教諭として活躍された綱島ひで保健婦が遺した膨大な資料…、克明で貴重な記録が著者の粘り強い取り組みで整理されている。

 

目 次

第1章 千葉県社会保健婦養成所開設前後の千葉県における保健婦活動

1.小児保健所での活動

2.愛育村での活動

3.保健所での活動

4.その他の活動

5.産婆さんが行なった巡回指導

第2章 千葉県社会保健婦養成所の概要

1.「千葉県社会保健婦養成所」が設置される経緯

2.千葉県社会保健婦養成要綱

3.養成開始の通知と募集

4.過密なカリキュラムと学習環境

5.卒業

6.社会保健婦から厚生指導員へ名称を改める

第3章 新聞記事にみる社会保健婦養成の状況

1.社会保健婦養成所の開設と募集記事

2.選考試験

3.試験結果発表

4.入学式

5.保健所実習

6.卒業

第4章 社会保健婦養成所1期生—綱島ひでの活動

1.社会保健婦養成所時代

2.社会保健婦としての活動(昭和16年5月〜昭和23年3月)

付.卒業後の社会保健婦養成所1期生

  

資料編

資料1.昭和初期の千葉県の状況

資料2.千葉県社会保健婦養成要綱など関係文書

資料3.千葉県社会保健婦規定

資料4.千葉県立保健婦養成所開設

資料5.千葉保健婦協会と房総健婦会

 

掲載新聞記事の収蔵場所別一覧

文献および史料 

附録 『社會保健婦日記帳』 昭和15年4月から9月まで(作成者・綱島ひで)

 
 

幽閉 (新装版)

img_9784894910072.jpg  

 

石山 勲 [著]

 

定価 : 本体1,400円+税

体裁 : 四六判・並製、208頁

発売 : 2000年3月

新装版 : 2016年5月

ISBN : 9784894910072

 

 

萌文社直送 click


新刊

精神病院に強制入院させられ、保護室に隔離された主人公が見たものはなにか。患者の心の動きとともに、その目に焼き付いた病院の実態は? スタッフの対応はどう写ったか、閉鎖的な精神病院の実態を迫真のリアリティで描く「福祉・病院関係者必読の書」。

 
 

協同労働の挑戦  — 新たな社会の創造

協同労働の挑戦
 

 

日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会 [編著]

 

定価 : 本体1,400円+税
体裁 : 四六判・上製、200頁
発売 : 2016年4月
ISBN : 978-4-89491-309-7

萌文社直送 click


新刊  <もくじ>


はしがき —社会の転換期の今、協同労働を問う (永戸祐三)


第1章 ワーカーズの新たな挑戦と沖縄 永戸祐三

事例 ◆ ひろしま北部地域福祉事業所「協同労働」プラットフォーム


第2章 当事者主体にこだわって

〈対談〉 向谷地生良 + 田中羊子

事例 ◆ 日胆まちづくり地域福祉事務所放課後等デイぽっけ


第3章 すべての人々に向けられた基礎・根幹とすべき農と自然

〈てい談〉 山下惣一 + 宇根豊 + 永戸祐三

事例 ◆ 松本事業所

事例 ◆ 但馬地域福祉事業所NextGreen但馬


第4章 弾ぁまだ残っとるがよ

〈対談〉 菅原文太 + 永戸祐三

事例 ◆ 東京バイオマス地域福祉事業所あぐり〜んTOKYO


第5章 「命どぅ宝」—今をいきる、明日をいきる、未来をいきるということ

〈パネルディスカッション〉 前泊博盛 + 稲嶺進 + 平良朝敬 〈コーディネーター〉 永戸祐三

事例 ◆ 松戸地域福祉事務所あじさい


第6章 歴史的危機の時代に、共に生きる、共に働く社会を創る 姜尚中


あとがき (藤田徹) 

 

労働者協同組合(ワーカーズコープ)とは

 

 

 
 

改訂版 あかちゃんと一緒 京都おでかけ手帖


改訂版 あかちゃんと一緒 京都おでかけ手帖  

あかちゃんとおでかけ手帖をつくる会[編]

 

定価 : 本体1,000円+税

体裁 : B5判変型・並製、フルカラー68頁

発売 : 2015年7月

ISBN : 978-489491-310-3



あかちゃんと一緒だと、「京都」はもっと楽しくなる!!

0歳〜2歳児ママのためのおでかけガイドブック

 

京都のまちには、じつはあかちゃんとママにやさしいお店や遊び場がいっぱい。じょうずにまわれば、あかちゃんも京都のおでかけが大好きになってくれるはずです。ママにとっても、あかちゃんと一緒だからこそ楽しめる京都おでかけスタイルがきっとあります。

 

本書は、小さなこどもをもつ、京都が大好きなママライター4人が、じっさいに京都のまちをあかちゃんと一緒におでかけして、取材・撮影・編集をおこないました。

ベビーカーを押してまわって見つけた情報を満載!あかちゃんと一緒におでかけしやすいコースやワンポイントアドバイスも掲載しました。

 

ぜひ本書を片手に、京都のまちの魅力をぜひ発見してください。

 

 

facebook-logo.jpg あかちゃんと一緒!京都おでかけ手帖facebook https://www.facebook.com/odekakebook

 

— 主要もくじ —

はじめに

ぐずったときの必殺技、教えてください!

おでかけモデルコース 岡崎

おでかけモデルコース 梅小路

おでかけアドバイス

四条

京都のデパートがありがたい!!

三条・御所南

親子で一緒に イベント

京都駅

親子で一緒に 教室

北山

レンタサイクル&タクシー

二条

気軽に利用できる託児所

お役立ちウェブサイト&アプリ

癒し&おしゃれスポット

一乗寺

遊び場

出町柳・北白川

あるある座談会

長岡京

エリア外のこだわりのお店

おでかけレッスン

おわりに

 

005.jpg

 
 

自分にあわせてまちを変えてみる力 〜韓国・台湾のまちづくり

自分にあわせてまちを変えてみる力
 

 

饗庭 伸  [編著]

秋田典子  内田奈芳美  後藤智香子

鄭 一止  薬袋奈美子

 

定価 : 本体1,700円+税
体裁 : A4判変型・並製、156頁
発売 : 2016年3月
ISBN : 978-489491-308-0

 

 

萌文社直送 click

 


新刊 

誰にも「自分にあわせてまちを変えてみる力」が備わっていて、「自分にあわせて」「まちを変えてみる」ことが、社会を動かす原動力になる!

韓国と台湾の、小さくとも「自分」を主体にしたまちづくり事例が教えてくれるのは、「民主化」のエッセンス。

 

 

<目次>

 

はじめに

 

◆第1章 自分にあわせてまちを変えてみる力

アジアの地図をやわらかい頭で見てみよう

隣りの国を見に行こう

「自分にあわせてまちを変えてみる力」を発見しよう

少しズレた世界から学ぼう

「自分にあわせてまちを変えてみる力」を信じてまちづくりを進めよう

身のまわりの環境の小さな民主化を進めよう

この本のつくり

 

◆第2章 デザインカタログ

テーマ1 まちのカスタマイズ Customizing Our Town

都市の「手づくり」デザイン  / 小さな公共交通ギャラリー商店街

壁にこだわる一時的な都市のすき間で

テーマ2 まち・社区・マウル Community, Community, Community

そのままゲーテッドコミュニティ引越し好き社会のコミュニティ学びからはじまる健康づくり

屋台のおばちゃんを助ける商店街健康コミュニティ情熱のPR作戦

テーマ3 生活と人生のデザイン Design of Life

マダンでどこでもパーティー自分の手で家を直そう!若者たちのたくましい選択

地域に幹を立てる自分のためのお店をつくる

テーマ4 由緒と名物 Origins and Traditions

地域の由来を掘り起こす

何でも資源に観光資源になったカエルまちづくり土産をつくろう工芸品で美意識向上

テーマ5 環をつくる Creating Environments

地域で何を見つけるかあらゆる手段で環境を守る

里山保全によりつながるまちづくり小さな緑の養子縁組

 

◆第3章 「自分にあわせてまちを変えてみる力」をめぐるダイアローグ

ダイアローグ1 見ているものを異なるスケールで見返してみる 石川初さん>

ダイアローグ2 都市の『工夫と修繕』 加藤文俊さん>

ダイアローグ3 アノニマスな都市空間を読む 青井哲人さん>

ダイアローグ4 D.I.Y.アーバニズム 山代悟さん>

 解説 : 韓国・台湾での事例がなぜ「違って」見えるのか?

 

◆第4章 マウル・マンドゥルギ、社区総体営造、そして日本のまちづくりの歴史

なぜ「自分にあわせてまちを変えてみる力」がマウル・マンドゥルギと社区総体営造の中で発展したか

韓国のマウル・マンドゥルギ略史

台湾の社区総体営造略史

日本のまちづくり略史

小さな民主化を支える制度的な環境

歴史を理解するキーワード

①都市化 / ②台湾の少数民族 / ③民主化 / ④台湾と日本の交流

年表 マウル・マンドゥルギ、社区総体営造、まちづくり年表

 

おわりに

 

プロフィール

 

machi00.jpg machi01.jpg

 

machi02.jpg machi03.jpg

 

machi04.jpg  machi06.jpg

 

自分にあわせてまちを変えてみる力 申し込み用紙  machi05.jpg

※別ウィンドウで開くようにすると大きなサイズになります。

 
 

新「そらどまの家」 〜伝統と未来をつなぐエコハウス

新そらどまの家
 

 

丸谷博男  [著]

 

定価 : 本体2,000円+税
体裁 : A5変型・並製、184頁
発売 : 2016年1月
ISBN : 978-489491-305-9

 

萌文社直送 click


パッシブソーラシステムを長年見つめてきた著者が、さまざまな問題を抱えている現代の住宅工法に対し、日本の風土とともに息づく民家を「現代日本民家の標準をつくる本」として提起。本書は前書「そらどもの家」を全面的に改版。新たに日本の建築文化などにも着目し、イラストを挿入しながらわかりやすく解説。


もくじ

口絵 カラーグラビア そらどまの家

まえがき


第1章 「呼吸する家」を調湿でつくる

1 現代工法における調湿の検証

2 土壁のもつ調湿の力

3 Baubio(未焼成鉱物質建材)の検証

4 防水・透湿シートの検証

5 調湿によるカビ・腐朽菌・蟻害の原因をつくらない

コラム 木で建築を造る意味


第2章 換気による健康な空気質の獲得

1 シックハウス問題から始まった24時間換気

2 換気扇で本当に換気ができているのだろうか

コラム 行灯とシャンデリア−陰翳を礼賛した谷崎潤一郎


第3章 効果的な断熱によるエコの実現

1 「高気密・高断熱」の先に

2 「断熱」から「断熱+遮熱」へ

3 「蒸発熱」で遮熱・冷却する屋根と壁

4 空気を使わない輻射暖冷房


第4章 自然と風土に育まれた建築文化—日本の民家から学ぶ

◆家の始まり—古代住居の知恵

◆縄文時代の集落

◆住居にしなかった高床倉庫

◆砦と住居が豪族の館の形

◆平安貴族の館「寝殿造」

◆武士の館「書院造」

コラム数寄屋を発明した千利休

◆「民家」の誕生

◆「町家」の誕生

◆庶民の暮らしの結晶「京町家」

◆白川郷合掌造りの知恵

◆土蔵造りの真価

◆武士が始めた養蚕農家

◆大正時代の民家の近代化

◆実験住宅「聴竹居」

◆関東大震災と住宅の不燃化

◆金融公庫仕様によって失われた多様な建築工法

◆沖縄から学ぶ高断熱高気密住宅の行方

◆解体される土壁の民家

コラム自然素材を生かした長寿命の工法へ


第5章 「そらどまの家」をつくる

1 悩みを少し解決する「そらどまの家」

2 ひと家族の住宅からプロトタイプの誕生へ

3 自然エネルギ—を活用した「そらどまの家」の換気方式

4 「そらどまの家」の標準仕様

5 「そらどまの家」の屋根と壁の構造

6 「そらどまの家」の強固な地盤のつくり方

7 「そらどまの家」の基礎構造

8 「そらどまの家」の強靭な木造躯体のつくり方

9 腐朽菌や蟻害から木造躯体を守る方法

10 継続使用を可能にする建物の長寿技術

コラム 原風景となる美しい建物


資料:わたくしたちは「そらどまの家」に共感し応援しています。

 

あとがき

 

4ページと5ページ 20ページと21ページ

 

124ページと125ページ 141ページと142ページ

※別タブで開くと画像が大きく表示されます。

 
 

医療福祉生協による地域包括ケアの展開

〜けいはん医療生協の過去・現在・未来〜

img _iryou.jpg  

けいはん医療生活協同組合[編集]

 

定価 : 本体926円+税

体裁 : A5判・並製、156頁

発売 : 2015年9月

ISBN : 978489491299-1



本書は、医療生協の組合員アンケートの分析にもとづく考察を中心に、日本の医療福祉生協運動の到達点の中に、けいはん医療生協の歴史と成果を位置づけ、地域包括ケアの展開について考えたものです。国が進める医療費抑制政策の手段としての地域包括ケアではなく、住民が主権者としてまた当事者として、地域における医療と介護の充実・発展に主体的に関わっていける仕組みを考え、医療福祉生協と地域包括ケアの可能性を探った、ひとつの試みでもあります。
 

 

目次  
けいはん医療生協理事会からのごあいさつ…小寺正  
第1章 私たちは何故けいはん医療生協に注目するのか…佐藤卓利
はじめに:地域包括ケアシステムへの実践的批判の視点/1 日本の医療福祉生協の独自性と優位性/2 医療福祉生協の取り組み/3 非営利組織としての医療福祉生協の経営/おわりに  
第2章 けいはん医療生協のあゆみ…小寺正/白川憲明/柴敬子/小寺峰志/大松美樹雄
はじめに/1 1990年、京阪沿線の下町に小さな医療福祉生協が生まれた/2 介護福祉事業への強い要求を受け訪問看護ステーション設立へ/3 2006年地域密着型事業スタートにあわせた事業展開とみいの郷/4 組合員・住民の願いに応えホームさつき建設/≪けいはん医療生協のあゆみ・略年表≫  
第3章 けいはん医療生協組合員アンケート分析結果…橋本貴彦
はじめに:アンケートの調査対象と概要/1 寝屋川市、門真市、守口市の概況/2 組合員の日常のくらし/3 日常生活の困りごと/4 介護ニーズ/5 けいはん医療生協への組合員からの評価/小括:今回のアンケート調査から明らかになった点  
第4章 入居者アンケートに見るけいはん医療生協への期待…小田巻友子  
<付> 紙芝居・アンケート表

 
 

介護労働の本質と働きがい

kaigo img.jpg  

石田一紀[著]

 

定価 : 本体1,800円+税

体裁 : A5判・並製、248頁

発売 : 2015年9月

ISBN : 978489491297-7



生きがいをもって介護をしたい。人に安らぎと希望を与える介護福祉職でありたい。 生きることを共に創造していく介護福祉職でありたい。介護の仕事にたずさわる人であれば、誰もがそう願うことでしょう。そもそも、人格と向かい合うということは、人間の尊厳や発達課題からみた「専門性」が鋭く問われるということでもあります。
しかし、実際の介護福祉という仕事は、その専門性とは逆行する労働条件にあるため、燃え尽き、挫折し、または、働きがいを見失っていく仲間も多いことも事実です。
本書は、「介護福祉労働の働きがい」に焦点をおいてまとめました。そのため、介護福祉労働としての特性は何か、介護福祉要求の特徴は何か、介護福祉労働において基本的に問われる援助視点は何なのかを、事例分析を中心に、あらためて整理し直しています。なによりも、みなさんに、介護福祉という仕事に対する確信と展望をもっていただきたいと願ってのことです。(著者—はじめにより)

 

もくじ

第1章 介護福祉労働の意義と働きがい

⑴まず、問いかけたいこと/⑵働きがいのための一般的条件/⑶介護福祉労働の特性/⑷介護福祉労働の特性と働きがい/⑸働きがいの源泉/⑹潜在化している諸能力を互いに具現化していく過程/⑺介護福祉は「サービス」なのか/⑻共同性という普遍的特性

第2章 介護における生活概念

⑴生活文化によりそう/⑵人間の生活—目的意識性/⑶「困った」行動を内的な発達要求のあらわれとして理解する/⑷人間の生活—社会的存在/⑸生活史/⑹生活問題—「社会制度の谷間」にある人々への援助

第3章 可能性をみすえたアセスメント—自立・発達・可能性探求型
⑴自立ということ/⑵なぜ、介護において発達概念が大切か/⑶問題発見型のアセスメントではなく可能性探求型に
第4章 他の対人格労働と比べた介護労働の特性
第5章 社会発展史と介護福祉労働の成立
⑴「介抱」、「看病」、「看とり」/⑵法律条例の文言から/⑶問題発生のしくみと現れ方/⑷資本主義と家事労働の社会化/⑸慈善を基本とした属人的な実践/⑹専門職として社会制度化される要因/⑺専門職としての形成過程/⑻イギリスにおけるホームヘルプサービス/⑼日本のホームヘルプサービス/⑽介護保険制度の本質と介護福祉労働
第6章 介護福祉労働の未来を切りひらくために
⑴多国籍企業の経営戦略に組み込まれた労働形態/⑵労働過程の再編による分刻みの単純部分労働とその労働報酬/⑶介護労働の「機能別・行為別」分類/⑷地域の介護力の創造と介護福祉労働者/⑸24時間定期巡回・随時対応型訪問サービスを実践していく前に/⑹要介護認定の変遷と軽度者切り捨て